2012年03月17日

ROOM MAKE

賃貸ルーム(アパマンショップ)のイメージ撮影用スタイリング。

DSCN1192cc.jpg
この部屋は、ブルーのポイントクロス、白の床なので
WHITE &WHITEのコーディネイトに、
フレンチなラスティックテイストをプラスして、
ara 30の、オシャレ女子の一人暮らしを想定したお部屋に…。

DSCN1197cc.jpg

DSCN1198cc.jpg

DSCN1199cc.jpg

DSCN1200cc.jpg

DSCN1201cc.jpg


なぜだか、ブルー系のアクセントカラーを、好んでリクエストする女性は、多い。
反対に、意外にも男性は、ボルドーやコーラルレッド、オレンジブラウンなど、
赤系をアクセント壁にしたり。

小さい頃から、「女の子だから赤よね」「男の子なのに、青じゃないの」と
お決まりイメージを押し付けられて育ったせいなのか?

ママ達、(色彩感覚がいい子を育てるために、)
ピンクのランドセルを欲しがる息子の個性を認めてあげてね。
posted by LEE at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | スタイリストのお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

TOKYO Antique

2012.2.22.1.jpg
今回は、ちょっと足を延ばして、
ディープなアンティークShopを歩いた。

2012.2.22.2.jpg

2012.2.22.3.jpg

2012.2.22.6.jpg

2012.2.22.7.jpg
デモデミックスは、ジャンクな感じのディスプレイが素敵で、
とっても勉強になります。

2012.2.22.4.jpg

2012.2.22.5.jpg
何より、どの店も、レトロで堪らなくイイカンジの建物に入ってるのが、さすが!
恵比寿のタミゼ…
ここは、オシャレを通りこして、あまりにマニアックなワールド。
(写真は当然NGなので…)
例えば、割れた陶器のかけらだったり、
ボロボロのバレーシューズだったり。
でも、この独特な空気感は、ちょっと癖になる感じも否めなく…。

2012.2.22.8.jpg
手が届く、レトロな消しゴムと黒糸を買ってみた。
何に役立つ訳でもない。
ただ、何となく、その空気感の一部を切り取って、持ち帰りたかったのかもしれない。
雑貨やさんとは、そんなものなのかも。
dragonfactoryには、ホームセンターと違って、いわゆる日常必需品みたいなモノはないけど、日常を楽しくしてくれるモノを、捜してもらいたい。
そう、一緒に暮らしていて楽しくないモノとは、居たくない。
出会った時の運命的なときめきは、ペットや恋人との出会いにも似ている。
そうして、可愛がられた雑貨達は、心支えてくれる家族になり、その人の人格や人生の一部になったりすると信じてる。

P.S.dragonfactoryは、只今、SALE中です。
全品ディスカウント!
この機会に、ぜひ、いらしてね。
posted by LEE at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

TOKYO Night Stay

今回のStayは、三井ガーデンホテル銀座プレミア。
DSCN11233.jpg
インテリアは、ARTなオブジェや絵画があちこちに飾られてて、
アーバンスタイリッシュ系。

DSCN1146.JPG
窓に映る摩天楼と東京タワーは、OUR Music のイントロがながれてきそうな、
素敵なビジュアル。

DSCN1152.JPG
昼の景色は、こんな感じ。

DSCN1149.JPG
レストランも悪くない。

DSCN1117.JPG

DSCN1119.JPG
恵比寿のダイニングバーの MEDUSAは、
ちょい前話題になったアクアリウムのあるお店。

DSCN1105c.jpg
クラゲがブルーの水槽にゆったり泳いでる。

DSCN1111c.jpg
トイレは、手洗いブースが、ひとつつづ、カーテンの部屋になってた。

DSCN1125.JPG
もひとつ、熱帯魚の泳ぐ銀座のダイニング、アリベート。

DSCN1130.JPG
光るカウンターに、モールだらけのアクセントウォール。

DSCN1137.JPG
夜も更けた、銀座中央通りを、Window ディスプレイを眺めながら、プラプラ歩いてホテルへ帰る。
大人の街だね。銀座。
でも、dragon的には、なんも興味わくスポットは、ない。

P.S.おまけ…
DSCN1170.JPG
高松空港の手荷物受け取りコンベアに、デカイ天ぷらうどんが、流れてくるの、知ってますかぁ?
(うどん県のノリ…でも、誰も突っ込でなくスルーしてた。。)
posted by LEE at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

TOKYO グルメダイニングショー

案の定、出発の朝は、雨だった。
202.2.15.1.jpg
そして、たどり着いたビックサイトも、やはり雨。。。
2012.2.15.2.jpg
今回の、グルメダイニングショーは、去年に引き継ぎ、徳島県美郷町の梅酒の設営。
今年は、4業者、3ブースにバージョンアップ。
2012.2.15.33.jpg
ボトルラベル一新と同時に、家紋ならぬ梅紋がデザインされている。
ユニフォームのバックプリントTシャツや、cafeテーブルの天板のモチーフとしても可愛い。
Vitonみたく、梅紋パターンの壁も作ってみました。
2012.2.15.4.jpg
コンセプトカラーは、ビビッドピンク&ブラック。
2012.2.15.5.jpg

2012.2.5.6.jpg
去年までの、雅なイメージから一新して、今回は、スタイリッシュなイメージで。
ハイボールにつづくは、梅酒… コレ、来ますヨ。
posted by LEE at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | スタイリストのお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

concept image

2011.12.20.jpg
新しい設計プランをとりかかる時に、まず始めること…
インテリアコンセプトをビジュアルにして提案し、確認する。

モノクロームなラフ図面の段階で、
色と素材のイメージをどんどん重ねていく。
普通は、基本図面が出来上がってから、素材を選び、
その中に家具をレイアウトしていく…のが準だけど、
私たちはちがう。

コンセプトを決めたら、主役級の家具や備品をキャスティングする。
たとえば、二度と出会えないようなアンティークなアイテムとかは、先に買っちゃう。
そして、その子が 一番素敵に見えるような場所にレイアウトしてから、
その主役を盛り上げる演出を手伝ってくれる 脇役たちも、
とりあえずイメージボード上に並べてみる。

そうして、全体間取りを仕上げていく。

外観や、広さとかいった箱の周りから決めていくのではなく、
内側(インテリア)から…の発想。
こだわりのコレクションやお気に入りの家具達が、
一番いい場所居場所をもらって、気持ちよさそうにいること。
それが、空間の心地良さにつながる。
posted by LEE at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリアのお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月10日

エモーショナルRED

Xマスカウントダウンのこの季節…
うきうきドキドキ気分な非日常感を演出する色は、やっぱ ディープでエモーショナルな赤!

1.JPG

0.jpg
オーダーのオリジナルウェルカムボード。
アンティークレプリカのフォトフレームにミラーを入れて、カッティングシートの文字を貼って。
ボルドー色のベルベットのクロスとリボンも、可愛い。

3.jpg
ブライダルヤスナガさんちの、クリスマスディスプレイ。

11.JPG

22.JPG
お祝い用に、活けたARTフラワーのアレンジメント。
デカい鉢と長い花材に奮闘するDRAくん。
posted by LEE at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | スタイリストのお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

美容室マリーゴールド

あっという間の工期でしたが、遠いこともあり、朝から晩まで 職人達と一緒に現場に張り付いて、エイジング。

DSCN0923.jpg
オーナーが、先に持っていた赤い革のソファーに合わせて、ポイント壁はボルドー色を選ぶ。

DSCN0921.jpg
センターの羽目板は仕込みでアンティーク塗装、壁は現場で何工程も塗っては、剥がし‥で、こんな仕上がりです。

DSC_6662.jpg
サイズが大き過ぎて、お蔵入りだったパイン材の新品カウンターも、天板をアンティーク風に傷めて、
腰に、壁とお揃いのパネリングを貼り、斜めの配置でウェルカムなレイアウト。

DSC_6649.jpg
アンティークのレジが似合ってます。

DSC_6615.jpg
ダウンライトから、シャンデリアに照明チェンジしたので、穴埋めに、
ベースメダリオンをつけてフォーマルエレガントに。

DSC_6687.jpg
キッチンバックとかに使う既製品の収納戸は、取っ手を変えて、モールを付けて、アイボリーに塗装‥
もちろん、ひつこく後から、汚しをプラス。

DSC_6637.jpg
セット面カウンターは、ガラスモザイクをのせて。
ちょっと雑誌を置く棚を‥とのリクエストに、
アンティーク風ブック型入れ物に、アイアンブラケットを付けてみました。

DSC_6683.jpg
ミラーやフレーム、小物をディスプレイして出来上がり!
posted by LEE at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリアのお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

素材の力

ジャンクアイテムのショールームであると同時に、
塗装場であり、木工場であり、鉄工場でもある、dragonfactoryの倉庫。
暑いし、寒いし、開けっ放しでも気持ちいい今の季節は、落ち葉とホコリが舞う‥
大変過酷で手がかかるスペースですが、
私達は、ここでモノ作りに没頭してる時間が、大好きです。

2011.11.17.1.jpg
コレは、美容室の仕込みで、3.6mもの長いモールを何工程もかけてアンティーク風に塗装。
パネルドアのレールボックスと、ミラー枠になります。

2011.11.15.2.jpg

011.11.15.3.jpg
一緒に預かった、新品カウンターも、パネリング板をプラスして、天板もかなりダメージ加工を。

2011.11.15.4.jpg
バックヤードに放置されてた、 30年前のサイドボード。
お嫁入り家具だったから、思い入れがあって‥というオーナーのために、
白にペイントしてリニューアル。
可愛く生まれ変わって、「ふぅ、すてられずに、助かったよっ」って声が聞こえてきそうでしょ?!

2011.11.15.5.jpg
新品真っ白の、ディスプレイ用の暖炉‥ を、アンティークみたいに‥というオーダー。
(3台目なので、手慣れてきた)

2011.11.15.6.jpg
フロアー材をはぎ合わせて、cafeのテーブルに。
釘あとやら、穴やらのダメージを丁寧に、ノミで掃除して、
ペーパーかけたら、自然塗料のワックスでしあげる。

すべて、無垢の素材ならではのこと。
素材の力を信じて‥
時間をかけてアンティークにしあげていくのもよし、一気に時代を越えて、オンリーワンなアンティークを 作ってしまう‥のもあり。
今、セルフペイントエイジングが、ちょっと流行ってるみたいですね。
posted by LEE at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

珈琲屋 「松尾」

2011.10.28.1.jpg
珈琲屋 「松尾」、オープンしました。
朝早くから、モーニングやってる、早起きカフェです。
パンがめっちゃおいしいし、御飯党には、和定食もある。
珈琲は、ひとつひとつ違う陶芸カップに、
たっぷり入ったポットサービスが、うれしい!

餅入りぜんざいccc.jpg
午後からは、ぜんざい、白玉、わらび餅、あべかわ‥
なんて和スィーツがラインナップ!

自宅敷地内にある、平屋の和室一間の建物をリノベーション。
(もとは、社宅寮として貸してたらしい。)

2011.10.29.2.jpg

DSCN0865ccc.jpg

DSCN0869ccc.jpg
築3〜40年という微妙な古さを、あえて古民家風に、古材のカウンターや柱を持ち込み、
さらに 民芸色にならないように、モザイクタイルやスレートタイルをプラスしてカッコイイ系のレトロモダンをねらいます。

DSCN0856ccc.jpg
コンパネ和紙貼りのパネル20枚は、何度も重ね塗りして、メタルか陶板みたいに見える?
あえて、ライティングが映えるよう、暗い空間をねらってみた。
イイカンジのジャズが流れてるし、ちょっとダイニングバーに見えたり…。

DSC_65200cc.jpg
昔の喫茶店には、チョウタイと黒ベストが似合うマスターがいた。
(今時は、バリスタっていうんですか〜)
オープンカウンターのカフェは、少なくなったけど、ちょうどオーナーのいるカウンターから、25席すべて目が届くようになってる。
昔みたいな、カフェコミュニティーが復活‥そんな思いも込めて。
ちょっと懐かしいくて新しい、
珈琲屋「松尾」、よろしくです。
posted by LEE at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリアのお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

OLD IS NEW!

2011.10.11.1.JPG
旧家の解体の時に救出してきた 「長持」には、
黒塗りのお椀セットと脚付き御膳が20組入っていた。
しかも、御膳は、朱色の印が入った古紙に包まれたまま、一度も使われてなさそう‥。
お椀は、蓋と身が色んなサイズに入れ子になって、
コンパクトに一人分づつ、袋に入ってる。
(その袋には、大日本、佐世保、海軍…なんて筆文字がかかれてる)
コレって、もしかして戦艦ヤマトにのってたりして‥
か、嫁入り道具として、何か式典の旗みたいなモノの残り布で、ひと針ひと針縫って作ったのかも。
お椀の間にはさんである新聞は、昭和30年のもの‥
先人たちの SLOWで素敵な暮らしぶりが、うかがえる。

今、断捨離とかって モノを捨てる美学が流行ってるようだけど、
この時代まで大切にとっておいてくれたことに感謝。
現在の自分にとったら、「必要ないモノ」でも、
年を重ねて後になってじわ〜っと良さがわかってくるものや、
後でいくら後悔しても、いくらお金を積んでも、二度と手に入らないモノもある。

2011.10.11.2.jpg
私のインテリアセミナーでは、「捨てる」のではなく、別の役割を与えて、ARTとして側に置く‥と 。
そろそろ、引き渡しのカフェ、「珈琲屋 松尾」のコンセプトはまさしく、OLD IS NEW。
御膳をくるんでいた古紙は、壁に、
お椀と御膳は、壁にレリーフオブジェとして取り付けることにした。

2011.10.11.3.jpg
カウンターのペンダントライトを付けるための、古いはしごを
取り付け中‥
古建具やら、古たんすなど、懐かしいアイテムを 運び込んできます。
つづく‥
posted by LEE at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリアのお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

デザイナーズフリマ

18日(日曜日)、デザイナーズフリマ いよいよ本番です。
サンポート 大型テント広場、10時〜17時。
雨でも、やります。
(また、台風呼んで、お前、ええかげんにせ〜よ!って怒られる‥うぅ、私のせい?)

2011.9.16.2.jpg
アナブキカレッジのインテリア科の生徒達は、今年は カフェでも参加します。
横で手作り雑貨も売ります。

2011.9.16.1.jpg

2011.9.16.3.jpg
授業では、出展用の時計を製作。
可愛いの、いっぱい出来ました〜!
(早い者勝ちですョ)

先日から、テレビ局で、イベント告知つづきです。
今日は、フリマ同時開催のジャズライブに出演の
「デクスター」のサックスプレイヤーの段原さんを連れて、RNCで生告知。

2011.9.16.4.jpg
ちょい吹いて見てください‥みたいなくだりで、40秒ほどの演奏に、
何度ももリハして、待ちに付き合っていただいてありがとうございました。

当日本番も、雨にも負けず、ガンガン飛ばして下さいね。

dragonfactoryも、いつもの場所で、頑張りま〜す。
本店を臨時休業にして、DRAくんもフリマ会場にいます。
みんなで、きてね。
posted by LEE at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

TOKYO ECO

今回のステイは、お台場 日航Hotel。

2011.9.16.5.jpg
バルコニー付きのオーシャンビューのはずが、カーテンをあけると、いるはずのレインボーブリッジがいない。
そう、ライトアップされてないレインボーブリッジなんて‥

2011.9.16.4.jpg
オマケに、東京タワーも 上半身のみの間引きライトで、自由の女神は、頭のトゲトゲのみ光ってる。
駅も空港も薄暗く、そういえば、表参道ヒルズも 見せ場の光の滝は止まってたし、
スタバさえペンダントライトが消されてた。
四国にいると、まるで人事だったけど、
たまに観光に来た田舎もんには、エコな東京はうれしくないですよね。

2011.9.16.1.jpg

2011.9.16.2.jpg

2011.9.16.3.jpg
‥朝食ビュッフェで、つい食べ過ぎ、
あわてて展示会場へ駆け付けると、動く歩道も止まってた!

今回も、レアモノが色いろ 入荷してきます。
お楽しみに‥!
posted by LEE at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

TOKYO Zakka Days

2011.914.1.jpg
今回の東京出張は、本気でジャンクでディープな雑貨やさんを巡る
(つもりだった。)
マップ上には、21個ものフラッグをたて、マジ予習もした。
電動自転車パルを借りて、順調に恵比寿スタート
(の予定だった。)
が、着いた時には、自転車がないと裏切られ、
やむなく、高級Hotelウェスティンのコンシェルジュがやってる、高級レンタサイクルを。
しかも乗ったこともないメンズ用MTB!…で、不安的中!
チャリ天国の高松と違って、
恵比寿、代官山、目黒はアップダウンだらけ(脚はパンパン‥)、
駅前は人だらけ‥(立て看壊したり、女子高生に突っ込んだり‥)
しかも、「パワフル雨女」のせいで、台風一過のあとのまさかの雨!

2011.914.3.jpg

2011.914.2.jpg
散々な珍道中ながらも、たどり着いた休憩ポイントの、チャムアパートメント。
久しぶりに着たら、看板にツタが繁り、通り過ぎるとこだった。
一時は、dragonに来るお客様殆どが、ココの本持って来て、「こんな感じ…」って言ってた、
トレンドリーダー的ちはるちゃんの店。

2011.914.10.jpg
青山から恵比寿のレトロビルにに移った、ファーマーズテーブルさん。

2011.914.9.jpg
床もこんなに、レトロでカッコイイ!

2011.914.4.jpg

2011.914.5.jpg
日没後は、南青山骨董通りを歩く。
カッコイイ、PRADAやCartierのビルを横目に、目指すは、H.P.DECO(フレンチモロッコなお店)

2011.914.6.jpg

2011.914.7.jpg

2011.914.8.jpg
表参道ヒルズで、雨宿りで寄った、ソフトクリームスタンドは、超エロいインテリア!

つづく。
posted by LEE at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

和室ルームメイク

2011.9.2.4.jpg
「隠れ家的お家cafe」ってのが、ちょっと流行りの今時、
まさしく、自分達の暮らす空間を
そのまま カフェ&雑貨屋としてる、素敵なご夫婦がいる。
陶芸家の御主人が焼いた器に、奥様の完全手作りのおいしいフード&スイーツ.
(しかも、一度でたどり着けたら、超ラッキーってな場所で‥)

そんなcafe陶花さん家の、セルフプチリフォームストーリー‥
半年前、お伺いした時は、まだまだ新築に近い綺麗なお家。
SLOW&naturalスタイルをコンセプトには違和感ある、
聚楽壁、襖、障子、床の間、そのまんまのベタな和室に悩む‥。
頑張り過ぎないほっくりした手作り感が、
家庭的なホスピタリティーとリンクして、ココの「味」。
あえて、プロを入れずに皆で頑張って出来ることを提案‥
で、毎週通って、少しづつ、進化中です。

2011.9.2.1.jpg
床は、畳を外し、コンパネ一松貼り。

2011.9.2.2.jpg
襖は、エイジングした羽目板のしたに封印。

壁は、アメリカンアンティークのバターン(型紙)を 貼っていく。

2011.9.2.3.jpg
袖や衿、ポケット‥可愛いパーツが色いろあって、パズルのように貼っていく作業は、結構ハマる。
障子は、カーテン&アイアンパネル。

2011.9.2.5.jpg
床の間には、カーペットタイルを貼り、カップル席に。
続きは、また。
posted by LEE at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリアのお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

アンティークショーケース

リトルフットさんちの、アンティーク風オーダー家具
第三弾を製作中。

2011.821.1.jpg

2011.8.21.2.jpg

2011.8.21.3.jpg
ブルーグレー、黒に続いて、今回は大人可愛い、ベージュピンク。

2011.8.21.4.jpg

2011.8.21.5.jpg

2011.8.21.6.jpg
わざとダメージ入れて、パテいれたら、下塗り。10工程くらい塗っては剥いだり繰り返し‥

続いて、ミニサイズのも 作ります。

2011.8.21.7.jpg

2011.8.21.8.jpg
リアルなアンティーク家具は、価格も高いし、
ダメージの程度によっては、ディスプレイだけならまだしも、
コントラクトな実用に向かない場合もある。

好きなデサインとピッタリサイズの別注家具を、
もうこれ以上古くならないエイジング塗装で アンティークレプリカにしたてる。

一点もののアンティーク家具との運命的出会いを待つのもいいけど、
コレも同じオンリーワン。
こんな選択もありですよね。
posted by LEE at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリアのお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

ISHI−HIROBA

2011.7.12.1.jpg
庵治町は、石の街。

大小あわせて、200以上もの石屋があるらしい。

そんな石だらけのメインストリートを、ずっと奥の 半島の高台に上りかけたところに、
「石ひろば」という プレハブ小屋がある。

2011.7.12.2.jpg
石×木のデザイナーズプロダクト商品を開発途中で、
この機会にと ホームグランドのショールーム内をリニューアル。

小さなスペースなので、ここの 奥様と、娘さん二人…みんなで頑張る。

2011.7.12.3.jpg
プリント合板だった天井は、マットブラウンのペンキ塗り。

壁は、LEEの秘技、中国の半紙張り。

2011.7.12.4.jpg
(貼る前に、模様が浮き出るように、余ったペンキで汚しておく。 この段階で見に来た社長は、かなり心配だったはず‥)

ローコストなコンパネの床も、オイル塗装を重ねると、しっとりいい感じ。

さて、内装が終わったら、家具を運び込む。

2011.7.12.9.jpg

2011.7.12.6.jpg
脚の高さを切って再利用した元什器と、新設の骨董タンスと格子戸。

2011.7.12.10.jpg
迫力メーターサイズの石切ノコは、オシャレな丸テーブルに変身。

2011.7.12.5.jpg
柿渋塗りに見える半円テーブルは、和紙張りコンパネに、
オイルステインとウレタン塗装。

2011.7.12.8.jpg
デスクの下は、ガーデンにみたてた、石明かりのコーナー。

2011.7.12.7.jpg
ツルピカな墓石のイメージを払拭する、素のままの庵治石は、
なかなか可愛いモンじゃないの。

お昼休憩は、ポピ村でカレーを。

海風に誘われ、あえてエアコンのないテラス席へ。

2011.7.12.11.jpg
瀬戸内っ子だけど、「海が見える」という 至福の贅沢‥忘れかけてたかも。

庵治町… ええとこじゃないですかぁ〜!
posted by LEE at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリアのお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月02日

リインカネーション

ずいぶん前に dragonで生まれた、懐かしいグッズ達と出会った。
カフェumieさんちの前室に間仕切り壁を立てるプチ工事の時の事。

画像 001cc.jpg

2011.7.2.1.jpg
古材で作ったパソコンテーブル、
工事用ライトで作ったスタンド、
昭和な食堂いすのリメイク、
アメリカのトラクターの座のチェアー。

2011.7.2.2.jpg
そのままだと 捨てられていく運命かもしれない廃材達に、
少し手を加えて、も一度、生きるチャンスを与える…
それも、私達dragonfactoryのライフワークのひとつ。
DRAくんは、オーダーアイテムに終われ、なかなか遊び心ある作品を作ってる間がないようですが、
「リインカネーション」(輪廻転生)スピリッツを 決して忘れていません。

毎年好評な「デザイナーズフリマ」、9月18日 (日) 今年も開催決まりました。
そろそろ、作品作り頑張ります。
今年も、よろしくね。
posted by LEE at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

オルガンカフェ 2

2011.6.19.1.jpg
店名は、ちょっとレトロで、ほっくり暖かくて、一度聞いたらすぐ、覚えれそうなの‥ないかな?
例えば、「オルガン」とか‥
それ、いい!ってことで、決定。

訳わからんフレンチより、気負いなく素直で彼女に似合ってる。
(でも、彼女は、オルガンを知らなかった世代らしい)

2011.6.19.2.jpg

2011.6.19.3.jpg

2011.6.19.4.jpg
ハズレの席を作らない」
これが、dragon流カフェレイアウトの鉄則!
すべての席に座ったつもりになって、視界方向のビューや、
入口やトイレへの通路となる動線辺りには、パーテーションとなる家具を、
さらに椅子のグレードをあげて、「座りたい席」と する。
色んなテイストのコーナーを楽しめる。

2011.6.19.5.jpg

IMG_1473CC.jpg
豊浜は、最高のサンセットビューポイントです。
が、カフェにとっては、西日は、天敵。
水が滝のように流れる仕掛けの大きな窓。
「今時、ないよね」と、撤去した後で、意味がわかった。
足場板の棚、アイアンパネル、カーテンや、ウッドブラインド‥
西日対策に頭痛めながらも、殺風景だった大きな窓は、ディスプレイの見せ場ポイントに。

2011.6.19.7.jpg

2011.6.19.8.jpg
posted by LEE at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリアのお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

オルガンカフェ 1

先日、レセプションも終わり、ひそかにOPENした、オルガンカフェ。

2011.6.18.5.jpg

働く人、お客様… カフェは、人が入って、さらにカフェらしくなり、
やっと、引き渡した気分になります。


2011.6.18.2.jpg
この建物、半年前までは、石窯ピザが有名な、イタリアンだった。
その前は、スペイン料理、そのずっと前の建築当初(40年程前)は、
この界隈を一世風靡した、オシャレな喫茶だった。

当時の 建築は、さすがいい仕事をしてて、
40年分の歴史にグッとくるものを感じるのは、私だけじゃないはず。

2011.6.18.3.jpg

オーナーのSさんは、ケーキ修行のキャリアを経て、
自分のカフェを持ちたいという夢を実現するための過程で、
設計途中の新築構想を止めて、ココに賭ける決心をする。

2011.6.18.7.jpg

2011.6.18.8.jpg
私たちにとっても、プレッシャーな状況の中、
なんかココはきっと いい店になる!って、
信じるモノがあったのを、覚えてる。

つづく
posted by LEE at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリアのお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

イメージ撮影

2011.6.16.1.jpg

2011.6.15.2.jpg
「庵治石×木」の、デザイナーズプロダクト商品のイメージ撮影。
スタジオだと、背景を全部作り込まないといけないし、何処か、いいロケ場所ないか‥ということで、郷屋敷さんの庭先をお借りすることに。
本館も素敵ですが、併設する古遊楽さんは、
流行りの「隠れ家」的ってフレーズがピッタリの、
Jazzが流れるしっとりした古民家風カフェ。
(アフターうどんには、カフェが半額になるのもうれしい‥)

2011.6.15.3.jpg
木×石のコースターに、グラスデザート。

2011.6.15.4.jpg
可愛い苔やグリーンに映える、トレイの上に冷酒。
(実は、引きでみると、トイレの横のつくばいの上だったり。)

2011.6.15.5.jpg

2011.6.15.6.jpg
歴史あるお屋敷らしく、縁側の木のラスティックさは、たまらなくカッコイイ!
ANCENT× MODERN
ラスティックな古いものと、シャープでモダンなものを、あえて合わせたコーディネートが、今 新しい。
posted by LEE at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | スタイリストのお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。