2012年06月18日

蔦屋書店

先日の東京出張で教えてもらった、
代官山観光スポット、蔦屋書店。
六本木のTSUTAYAも、カッコいいけど、
こちらは、コンセプトから、さらにセンセーショナル!

IMG_4239[2]
駅前なのに、まるで避暑地の高原のように緑いっぱいの小道を、ジモティらしき人が犬連れて散歩してたり‥。
店内は、犬あずかりOK、
スタバが入ってて、好きな席で、飲んだり食べたりしながら、
本気読みができる。

IMG_4241[1]

IMG_4240[1]
陣取った大テーブルに、立て掛けてあった洋書が素敵で、
キャラメルスムージーをズルズル飲み終わる頃には、欲しくてたまらないモードに‥。
「あの〜、すみません、この本ってかえるんですか?」
「もちろんです!」
コンシェルジュというネームをつけた、
黒服ジェントルマンが答えてくれた。
(高級ホテルみたいです。)

IMG_4242[1]
2階には、Anjinというオシャレなラウンジがあり、
ここでは、本読みながらの食事やカクテルもOK。
(カウンターの腰壁には、リアルな本が積まれている。)
ノートPCを開くビジネスマン。
勉強をしてる学生。
エグゼクティブな雰囲気の外人が商談していたり、
みんな居心地良さそう‥ !
(ここで、一週間、住みたいくらい!)
Amazonや楽天で何でもそろう今の時代、
物販はどんどん厳しくなってくる今、
カッコいい箱や、ディスプレイだけでは、
太刀打ち出来ない。
単にモノを売るだけでは、なく、
人と人が関わるコミュニティな
ソフトを付加した
オンリーワンなサービススタイルが、カギ‥
進化し続けるTOKYO、
コンセプトありきのインテリアデザイン、
勉強になりましたぁ。
posted by LEE at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。