2008年12月25日

ストレンジクラシック

20.12.25.1.jpg
西恵比寿に引越した、アンティークの「アーカイブ」さんを訪ねてみました。
割と狭いスペースですが、ニューヨークの倉庫に無造作におかれたような、ラスティックな空気感。
ディスプレイも、かなりマニアック!
テーブルには、椅子が積み上げられてたり‥、白布がクシャクシャに掛かってたり‥
はては、首が折れたトルソー‥、座面を骨組みまで剥ぎ取った、座れない椅子‥。

20.12.25.2.jpg
ゾクッとするくらい挑発的!
単にジャンクスタイルというより、もすこしハイレベルな、シュールでマニアックなストレンジクラシックワールド‥たまらなく好きですねぇ。
イギリスのドラッグストアから来たという、大きな什器。
何度も何度も塗り重ねては、はげたペンキの厚みから見て、何代ものオーナーを経て、年を重ねて来たんだろう。
(なんちゃってアンティークとは、重みがちがう)
これ造った家具職人は、今もういないけど、当時は、こんなにボロボロになるまで大事にされてるなんて、職人冥利に尽きますよね。
大量生産、大量消費の時代は、終わろうとしてて、
本当に納得がいく、本物だけが、生き残ろうとしてる時代‥。

20.12.25.3.jpg
一生に一度(いや、一人分の生涯以上かも)の贅沢なら、こういう選択肢もありかもしれない。


posted by LEE at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。